Cafe Bar Diaryのブログ

月別アーカイブ: 2月 2018

 

秩父蒸溜所レポート続き、

 

樽熟成庫へと向かいます。

 

 



 



 

熟成庫は、ダンネージスタイルと言って

樽を木のレールに載せ、段々と積み重ねる

伝統的なスタイルです。

地面も中央の通路以外は砂利となっています。

樽熟成は気温や湿度も影響大なので、より自然に近い

環境が大事なようです。

 

樽も様々で今は2,000丁(ちょう・・樽の数え方です。)近くあります。

 

 



ジム・ビームのバーボン樽です。

他、ジャックダニエル樽もありました。

 

 

 



 

こちらは、オロロソシェリー樽。

 

あの美味しいやーつです。

 


 

 

 

こちらは、

 

 



 

いま秩父ウイスキーの通常ラインナップの、

モルト&グレーンホワイトのマリッジタンクです。

 

 



 

世界五大ウイスキーを主に、他数十種の原酒を

このタンクで後熟。

今現在は5タンクあって、それぞれ構成を変えているそうです。

 

 

そして会うのが楽しみだった、、、あの、、

 

 

 



卵型樽☆!

 

リーフシリーズの品薄希少ワインウッドリザーヴタンクです。

 

赤ワインオーク樽熟成後の空樽から作ります。

 

卵型のオーク樽はワインの熟成で使用されているそうで

澱と液体が対流するそうです。

そういった作用もウイスキー熟成を

促進させるのだとか。。

 

こちらの樽で約半年程後熟させて出荷するそうです。

 

 



 

待ってるよ。。。

 

 

他、ミズナラ樽、ポートパイプ、チビ樽、コニャック樽、

珍しいのだと、ラム樽もありました。

あと、あの閉鎖した日本の蒸溜所の樽もあるそうです!

出たら相当レア価格がつくでしょう。

 

伊知郎先生も商売上手だなぁ。(笑)

まだまだイチローズモルトはネタ満載です!☆

 

 



 

 

倉庫を出ると、

 

世界の伊知郎先生が待っておりました!

 

 



 

 

一枚パチリと頂きました☆

 

先生とはフェスで合う度に毎回一緒に撮ってもらってますが、

毎回緊張・感動します。(笑)

 

 

以上です。

今回は新しい設備や拡張箇所は見る事は出来ずに残念でしたが

十分に新情報も勉強出来て堪能することが出来ました!

 

 

 



 



 

また、来年も来るぞー!と、

秩父蒸溜所を後にしました。

 

 

ひとまず、秩父蒸溜所レポは以上で完です。

長々とお付き合い頂きありがとうございました。

 

皆様がイチローズモルトを頂く際に、今回のレポを

少しでも参考に頂けたら、これ幸いです。(^^)

 

では、、、。

 

まだまだ、続くんです、ハイ。(笑)

 

次回はグルメ編と、肝心な秩父ウイスキー祭と

秩父イチローズモルトセミナーがございます。

 

あと、二話か三話続きます。

お付き合い宜しくお願いします。(^^)/

 

 

それでは、こっちも肝心な営業の方も宜しくお願いします!

 

明日、そだねーの(こっちは北見か。。)

北海道は噂の既に予約完売な厚岸ウイスキーと

(あの金を獲ったパシュートメンバーの

佐藤綾乃選手は何と厚岸出身!)

 

最新イチローズモルト・リミテッドも入荷予定です!!

 

 

それでは、本日も宜しくお願い致します!(^^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

 

さて本日も、秩父蒸溜所研修レポです。

 

蒸溜編の続きです。

 

二回目の蒸溜、ミドルカット!!!の作業です。

ここでこだわりの手作業に入ります。

 

 



 

手作業でハンドルを動かしてカットという作業を行います。

 

蒸留液全体を取らずに、それを三つの部分に分けて蒸溜します。

最も熟成に適したところだけを取り出す工程です。

 

それは、刺激臭の強いヘッド

一番美味しいとされる部分、ミドル

雑味の強くなる部分、テールの三つにカットします。

 

 



 



 



 

各蒸溜液を嗅がせてもらいました。

 

ヘッドの部分というのはかなり刺激臭が強いです。

熟成には適さない部分です。

テールの部分というのは香ばしい香りで

芋焼酎や泡盛とかのフレーバーに似てました。

 

樽との相性、樽で熟成させることも考えて、

そこが過剰にならないようにカットします。

一般的にはアルコール度数であるとか時間とかで

機械的にカットしてしまうそうなんですが、

秩父蒸溜所では、基本的には香りや味を必ず毎日チェックして

カットポイントを変えているそうです。

 

酵母や発酵工程でも日々変化あるので、

カットポイントの香りも日々変化あるそうです。

今日はここで香りが変わったぞとか、

今日はへヴィーだとかライトだとか。

人が飲む物だから、人の鼻や味覚や感覚で判断して

その美味しさの価値をあげるのが、伊知郎先生のお考えのようです。

 

 

 

 

 



 



 

この日はお休みでしたが、

ボトリング作業場とラベル貼り作業場です。

 

 

 

 



 

 

神棚がありました。

ウイスキーの神様はいないのでと(笑)

日本酒の神様、松尾様が祀ってあります。

伊知郎さんのご先祖が日本酒の製造もやっていたので

そこからの守り神かもしれませんね☆

 

 

さて次回は秩父蒸溜所、樽熟成庫へと向かいます!

 

 



 

 

本日はここまでです。

次回も宜しくお願い致します。

 

 

Diary本日火曜日ですが、

営業となっております!

 

宜しくお願い致します!(^^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

 

さて続きの、秩父蒸溜所研修レポート④です。

 

粉砕、マッシング(麦芽の糖化)、発酵ときて

いよいよ蒸溜ですね!

 

 

 



 

 

 



 

蒸溜窯はスコットランドの老舗ポットスチル製造会社、

スペイサイド地方にあるフォーサイス社銅製の蒸溜窯です。

 

 


 

 

左側が1回目の蒸留を行うウォッシュスティル、

右側が2回目の蒸留を行うスピリッツスティルになります。

 

1回目のウォッシュ、だいたいアルコール度数が8%前後、

ホップのきいていないエールビールとかベルギービールとか、

そんなようなイメージの液体が出てきます。

それをウォッシュスティルに入れて蒸留しますと

大体アルコール度数が20度前後、

700~800L程度のローワインという液体に濃縮されます。

それでこのローワインをスピリッツスティルに入れて蒸留しますと、

量で220~230L前後、

アルコール度数で70%前後の無色透明のスピリッツがでてきます。

 

蒸溜の際は、色々な化学反応が起こるそうです。

 

そこで大事なのが、こだわりの銅製のスチル!

 

 



 

ウイスキーの場合はポットスティルが

必ず銅でできていないとウイスキーの味になりません!

 

今は科学的に証明されているそうで、

ウイスキーの蒸気が銅と接触することで銅イオンが出てきて、

ウイスキーにとって不要な成分と結びついて

取り除くという効果があるそうです。

 

また常に銅イオンが出続けているので、

20~30年くらい使い続けていると

指で簡単に穴が開いてしまうくらい薄くなってしまうそうです。

すごいですね〜。

なので、定期的に修理や交換やメンテもするそうです。

 

 

続いて、蒸溜窯の首の部分のアームの形状についてです。

 

 



 

この鶴の首部分のアームが

上向きか下向きかで、味わいが変わります。

 

 

イチローズモルトセミナー スチルの形状
 

 

 

 

 

 

上向きですとライトなタイプ、

下向きですとヘビーなタイプになります。

 

蒸溜の過程で、

もうひとつの化学変化としては、リフラックス。

なんだかややこしいですが、、

還流とか分縮とか、そういったことがスティルの中で起こります。

重い成分がスティルの上部に到達する前に冷やされて

下に落ちることで再度蒸留されて取り 取り除かれるそうです。

どんどん軽い成分が中心になってきて

ようやく十分な軽さになってくれると、

コンデンサーのほうに入ってくれるということが起きます。

それでこのリフラックスがおきやすい形や大きさがあります。

基本的に小さなスティルですと、

リフラックスが少なめで非常にヘビーな味わいになる傾向。

そして、

スティルのサイズが大きいとリフラックスが多くおきますので、

ライトな酒質になる傾向があります。

 

よって、秩父のポットスチルは

 

小型のポットスチル+下向きアームなので

 

 


 

 

重くへヴィーなタイプで、芳醇な味わいを生むとされています。

 

個性の強い独自な味わいになるように、

玄人向けな味わいを理想に

伊知郎先生は思想・設計されたようです。

 

 

と今回も長くなってしまったので、ここまで。

 

お昼休みなどでブログなどチェックする方は、

これ位がちょうど良いですよね。(笑)

 

次回も蒸溜の続きになります。

 

今回の秩父蒸溜所研修は、私も訪問二回目なので

内容の濃いものになっておりますので

もう少しお付き合い下さい。(^^)

 

 

さて、Diary今週もお休みなし営業となっております!

 

宜しくお願い致します!(^^)/

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする