BLOG

ブログ

あるルートから、シンガポールはラッフルズホテルの

シンガポールスリング専用グラスを入手致しました☆☆☆

それがこれです!



シンガポール・スリング(Singapore Sling)は、ジンベースのカクテルで、その名の通り、シンガポール生まれのカクテルです。

1915年シンガポールのラッフルズ・ホテルのバーテンダー厳崇文(嚴崇文、Ngiam Tong Boon)が最初に作ったのが始まりだそうです。なお、シンガポール・スリングのスリング(Sling)とは、ドイツ語のSchlingen(飲み込む)からきていると言われ、スピリッツに甘みと酸味を加えて水で割った飲み物。他にもジン・スリング、ウォッカ・スリングなどがありまして、このシンガポール・スリングもそのバリエーションの一つであります。

以下、ラッフルズホテルレシピでございます。


  • ドライ・ジン(ビーフィーター) 30 ml
  • チェリー・ブランデー(チェリー・ヒーリング)15 ml
  • パイナップルジュース 120 ml
  • ライム・ジュース 15 ml
  • コアントローホワイト・キュラソー 7.5 ml
  • ベネディクティン7.5 ml
  • グレナデン・シロップ10 ml
  • アンゴスチュラ・ビターズ1 Dash
 

こ〜〜んなにたくさん具材が入るんです!


    そしてそれらを、、、
  1. ソーダ水以外の材料をシェークし、氷を入れたタンブラーに注ぐ。
  2. ソーダ水を満たし、パイナップルのスライスにチェリーを竹のピンで刺し、オリジナルグラスのふちに飾る。
  3. また、チェリーブランデーはシェークせず、最後にグラスに沈める作りかたもある。

完成〜☆(^^)/

簡易レシピもございますが、Diaryではラッフルズホテルレシピにて提供しております。

この夏にぜひぜひお試しくださいませ(^_^)/

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。