BLOG

ブログ

シャルトリューズ・ジョーヌ

 

シャルトリューズはフレンチアルプスの中のラ・グランド・シャルトリューズ修道院で作られています。そこではシャルトリューズの味を決定する  香草・ハーブの調合が選ばれた3人の修道士によって行われています。  ハーブの調合のレシピついてはその3人以外は誰も知ることができない秘密とされています。黄色のジョーヌは緑色のヴェールより繊細で    ソフトな風味を持ち、蜂蜜の香りに特長があります。                       そのまろやかな風味ゆえ、“リキュールの女王”と称されています。

 

と言う、リキュールがあるのを皆さんは

ご存じかと思います。

そのジョーヌの2000年ボトリング、

海外向けのものをお客様より、一杯頂きました。

これは、スペインは世界資産指定都市タラゴナにある

サンタテクラ礼拝堂がある通りで行われる

フェス向けのボトルらしいです。

 

気になる方は、

浅草『グラスファクトリー創吉』さんまでどうぞ☆

頂けるかどうかはわかりませんが。。(^_^;)

グラスを購入すれば頂けるかも☆

 

とにかく美味しかったです。

 

葉巻とリキュールのマリアージュに

改めて気付かさせられた、一杯でした。

 

 

※グラスファクトリー創吉 http://www.sokichi.co.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。